1月1.2.3.日タイムスケジュール

営業時間

10:00~18:00(17:00最終入館)
17:00以降は庭園のみのご鑑賞となります。

コンサート内容

ダンスオルガン
自動演奏楽器コンサート
自動演奏楽器とオペラ歌手
サンドアートコンサート
ランチタイムコンサート

福袋・福引開催

福袋の種類は6種類!福引の景品も豪華賞品取り揃えております。しかも、福袋をお買い上げのお客様全員に福引の大チャンス!ぜひ福袋をお買い上げいただき、福引にチャレンジしてみてくださいね♪

福引き開催期間:2023年1月1日(日)~1月3日(火)
福引参加条件:福袋をお買い上げのお客様
福袋販売期間:2022年12月29日(木)~2023年1月9日(月) ※福袋はなくなり次第終了となります。
場所:ミュージアムショップ1階オルゴール売り場
時間:10:00~17:00

サルバドール・ダリ「レースをまとったサイ」展示

黄金のサイを触って運気上昇

河口湖音楽と森の美術館23周年記念と致しまして世界的に有名な芸術家、あのサルバドール・ダリが製作したブロンズ像「レースをまとった犀(サイ)」(1956年作)が、このたび河口湖音楽と森の美術館に展示されることになりました。大迫力のアートをぜひ、真近でご覧ください !

9月27日(火)サルバドール・ダリの『レースをまとったサイ』が空を飛んで到着致しました!ただいま、好評展示中です。

サイの運搬の様子はYouTubeからご覧いただけます⇒レースをまとったサイ運搬動画

くわしくはこちらから⇒レースをまとったサイ

サイの鼻を触ると願いが叶う

ダリは愛妻家としても有名で、妻であるガラ以外は敵であると言うほどでした。こちらの作品はダリの愛妻家としての魂が宿っているとも言われ、夫婦やカップルで触ると生涯家内安全に過ごせると言われております。ぜひ触ってご覧ください。
家内安全・夫婦円満…家族、夫婦でサイの鼻を触れると家内安全・夫婦円満になれる
恋愛成就…恋愛成就したい相手を想いサイの鼻を触ると願いが叶います
金運アップ…サイの写真を待ち受けにすると金運アップ

トワイライトイルミネーション

富士山を望む幻想的な風景の中、河口湖音楽と森の美術館でイルミネーションが開催されます。館内全体がイルミネーションの幻想的な光で包まれ癒しの空間を演出いたします。今年の冬はぜひ河口湖音楽と森の美術館で癒しの時間をお過ごしください。

営業時間:10:00~18:00※イルミネーション点灯は16:00頃になります。
※17:00以降はショップ、レストランクローズとなりますので、庭園のみのご観覧となります。

同時開催-クマ3兄弟を探して、美術館を探検しよう!₋冬バージョン₋

河口湖音楽と森の美術館では季節により様々なイベントを開催しております。夏にご好評頂いたイベントが冬バージョンで帰ってきました。
音楽と森の美術館を満喫しているクマ3兄弟を探して館内を探検しよう!3匹に会えたら写真を撮って、コンサートホールのスタッフに教えてね。プレゼントがもらえるます♪

期間:2022年12月1日(木)~2023年2月27日(月)
写真はコンサートホールのスタッフに見せてね!(プレゼントは無くなり次第終了となります)

ROMERO BRITTO展~ロメロ・ブリットの魅せる世界

河口湖音楽と森の美術館ではこの秋より、現代POPアートシーンを代表するアーティスト「ロメロ・ブリット展」を開催致します。ロメロ・ブリットは現代のピカソと呼ばれ、世界から注目を集めている今最も熱いポップアーティストです。幼い頃より独学でアートを学び、1989年に現代アート界を代表するアーティスト、アンディ・ウォーホルやキース・へリングと並んで「アブソルート・アート」に選出されます。その後、ディズニーのコラボやFIFAワールドカップのポスターなどで注目を集め、各国の要人から熱い注目を集めています。今回、河口湖音楽と森の美術館にて世界で限定50枚の作品や世界中のギャラリーやコレクターの手に渡ってしまう非常に貴重な作品を展示致します。

くわしくはこちらから⇒ロメロ・ブリット展

ストラディヴァリウス展

富士山麓に世界最高峰の銘器『ストラディヴァリウス』登場! 2022年も好評開催中!

はヴァイオリンの名器でもある「ストラディヴァリウス」の紹介・展示を行っております。

ヴァイオリン工房ではヴァイオリンの販売修理に加え、ヴァイオリンの絵付け体験も実施致します。(※ヴァイオリン絵付け体験はしばらくの間お休みさせていただいております。)

くわしくはこちらから⇒ストラディヴァリウス展

【伝統工芸の最高峰 糸の宝石】サルバドール・ダリ「レースをまとったサイ」関連企画 VINITIQUE によるレースの魅力を伝える展示販売

ただいま庭園にて展示中のサルバドール・ダリの「レースをまとったサイ」にちなんで、レースの魅力を様々な形で表現しているヴィニティーク オーナーのレース作品をミュージアムショップ2階にて展示販売中です。ヨーロッパにおいてレースは、生まれた時の洗礼式にはじまり、結婚式など、人生の節目で身に纏う大切なものです。ダリはサイにレースを纏わせて、何をイメージしたのでしょう? 瀬口さんはダリの作品に触れて、空想の翼を広げ、新しい作品も製作しました。この機会に作品をお楽しみいただければ幸いです。
くわしくはこちらから⇒糸の宝石

HP⇒VINITIQUE