オペラ歌手と自動演奏楽器のコラボレーションコンサート

11:50~/13:50~/14:40~

100年前の自動演奏楽器と現代のオペラ歌手の、時を超えた共演。
このコラボレーションを観ることができるのは、世界で唯一、河口湖オルゴールの森だけ!

※タイムスケジュールはシーズンによって変わります。

※タイムスケジュールはイベント等により急遽変更になる場合があります。

オペラ歌手スケジュール

3月1日~4月28日 11:50/13:50/14:40

 

2017年

3月

26日(日) ソプラノ 樋口千奈美

27日(月) テノール 大澤歩土

28日(火) メゾソプラノ 高橋直子

29日(水)  バス  山野靖博

30日(木)カウンターテナー他 本岩孝之

31日(金) ソプラノ 樋口千奈美

♪出演中のオペラ歌手プロフィール

 

クラシック歌手 本岩孝之

 

熊本県八代市出身

東京学芸大学教育学部D類音楽科卒業(バリトン及びテノール専攻)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業(テノール専攻)

東京藝術大学大学院修士課程古楽科バロック声楽専攻修了(カウンターテナー専攻)

 

バス及びバリトンを佐藤幹一氏に、テノールを森恭子、森眞一、平和孝嗣、嶺貞子、荒道子、鈴木寛一、天野秋雄、パリデ・ヴェントゥーリの各氏に、カウンターテナーを野々下由香里氏に師事。

 

バリトンとして、モーツァルト作曲《レクイエム》、ベートーヴェン作曲《第九》シューベルト作曲《ミサ曲第5番》のソリスト、モーツァルト作曲オペラ《フィガロの結婚》の伯爵役、林望作劇・二宮玲子作曲《MABOROSI~オペラ源氏物語~》光源氏役に出演。

 

テノールとして、カルロ・ベルゴンツィ、エヴァ・マルトンのマスタークラスに参加し研鑽を積む。第5回全日本ソリストコンテスト奨励賞受賞、第10回太陽カンツォーネコンコルソ入賞。ベートーヴェン作曲《第九》及び《ミサ・ソレムニス》のソリスト、マスネ作曲オペラ《シンデレラ》の学者役。イタリアでのコンサートでは、本場のオペラファンからアンコールの大喝采を浴びる。

 

カウンターテナーとして、第12回日本クラッシック音楽コンクール全国大会入賞。バッハ作曲《マタイ受難曲》ソリスト。フォーレ作曲《レクイエム》(男声合唱版)ソリスト。井伊直弼と開国150周年記念オペラ二宮玲子作曲《たぬきのはらづつみ》では、カウンターテナーとバリトン両方の声を使って主役を演じ大好評を博した。

 

東京文化会館小ホール、東京オペラシティリサイタルホール、文京シビック小ホール、国内最大級の野外劇場である河口湖ステラシアターでのリサイタルを始め、各地で数多くのコンサートに出演。聴衆を魅了している。

 

NHK-FM「名曲リサイタル」NHK-総合TV「謎缶」「アルクメデス」出演。

 

mf247でラップとのコラボ作品“Ave Maria~My promise”がヒップホップ/ラップ部門で第1位を獲得。Jリーグのヴァンフォーレ甲府開幕試合で“勝利を祈るアヴェ・マリア”を歌唱し始球式を行う。国民文化祭で皇太子殿下御前にてカウンターテナーで“君が代”を独唱。武州里神楽十世家元石山裕雅と「縄文の魂」を初演する等、クラシックの枠を越え、幅広い活動を展開している。

 

CDはこれまで『Ave Maria』、『耳に残るは君の歌声~奇跡の4オクターヴ』、『ふるさと~姉弟で紡ぐ美しい日本の心』、『Ave Maria Hyper Remix』、『口づけ~本岩孝之トスティを歌う』、『バリトンでうたう愛の歌』、『富士に寄せて~姉弟で紡ぐ美しい日本の心2』、計7枚をリリース。

 

バスの音域から、バリトン、テノール、カウンターテナーまで、4オクターヴにわたる驚異的な音域と幅広いレパートリーを、類い稀な美しい声で歌いこなす、唯一無二の声楽家。

 

オフィシャルホームページ

http://www.motoiwa.net/

♪出演中のオペラ歌手プロフィール

 

ソプラノ 田巻 純江

国立音楽大学声楽家卒業。東京音楽大学研究科(オペラ)

修了。渡辺淳子、山田純彦、小林一男各氏に師事。

高校時代より数々のオーディションに合格。東京音楽大学オペラでは、「蝶々夫人」の蝶々夫人、
「フィガロの結婚」では、伯爵夫人を演じる。その後もオペレッタ「こうもり」の伯爵夫人、
オペラ「カルメン」のカルメン。ミュージカル「マイフェアレディ」のイライザなど数々の公演に出演し
好評を博す。’97年よりイタリアへ留学、マリア・カルボーネ、ロゼッタ・エリーに師事。留学中も
数々のコンサートに出演する。帰国後、初めてのソロリサイタル、オペラ「カルメン」のカルメン、
山梨交響楽団とガラコンサートやモーツァルト「戴冠ミサ」のソロなど数々のコンサートに出演。
いずれも好評を博す。

♪出演中のオペラ歌手プロフィール
テノール  大澤 歩土
山梨県北杜市清里出身・在住。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
大学卒業後、地元山梨県北杜市へ帰郷。八ヶ岳南麓を拠点に、山梨県内で演奏活動している。
2015年3月、北杜市八ヶ岳やまびこホールにてソロリサイタル開催、好評を得る。
2015・2016年、山梨メセナ協会より助成を受けてイタリア・シチリア島へカターニアへ短期留学、ジュゼッペ・コスタンツォ氏の元で研鑽を積む。
ベートーヴェン交響曲第九番テノールソリスト、オペレッタ「こうもり」ブリント役、オペレッタ「メリーウィドウ」カスカーダ役、にて出演。
河口湖オルゴールの森美術館「自動演奏楽器とオペラ歌手の共演」では、2014年11月期間限定イベントから携わる、初期メンバーである。
受賞歴
第17回日本演奏家コンクール声楽一般部門第1位、合わせて横浜市長賞受賞。
第25回日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位入賞。
エンナ国際声楽コンクールファイナリスト(シチリア島)
第44回イタリア声楽コンコルソファイナリスト。
第14回やまなし県民文化祭・音楽祭奨励賞受賞。
オフィシャルホームページ

♪出演中のオペラ歌手プロフィール

 

ソプラノ 樋口 千奈美
長野県安曇野市出身。声楽を吉田忠男氏、アンナ・マリア・パンマー氏の各氏に師事。
モーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」のツェルニーナ役、また、バッハの「マニフィカート」、
ベートーヴェンの「第九」などでソリストを務め、好評を博す。
2013年からドイツ・ベルリンへ渡り、ドイツ歌曲、オラトリオを中心に研鑽を積む。
その間、アンサンブル活動にも携わり、音大生で結成されたDas Vokalprojekt、プロアンサンブルOPUS VOCALEの
一員としてドイツ各地で演奏会を行う。2015年夏に帰国後、長野県を中心に演奏活動を行っている。
2016年9月からは、河口湖オルゴールの森美術館で開催中のコンサート「自動演奏楽器とオペラ歌手」に出演している。

♪出演中のオペラ歌手プロフィール

バス  山野 靖博
山梨県甲府市出身。山梨県立甲府西高等学校を経て
東京藝術大学音楽学部声楽科バス専攻卒業。
これまでに声楽を高橋康人、直野資、佐野正一の各氏に師事。
Cloud of Arts所属(通称:CoA)。
1989年7月12日生まれ
声種 バス
身長 184cm  体重 57kg
− レパートリー−
演じた役
ドン・アルフォンソ「コジファントゥッテ」
ドゥルカマーラ「愛の妙薬」
コンサートレパートリー
《アリア》
モーツァルト
(フィガロ、レポレッロ、ザラストロ、ドンジョヴァンニ)
ドニゼッティ
(ドゥルカマーラ、ドン・パスクワーレ)、
ベッリーニ(ロドルフォ)
ヴェルディ(フィリッポⅡ世、バンコー、フィエスコ)
《歌曲》
トスティ、ベッリーニ、ヴェルディ、ブラームス、シューマン、
イベール、ラヴェル
《カジュアル》
スタンダードジャズ、ミュージカルナンバー、シャンソン、
日本の歌謡曲など
− これまでの活動履歴 −
2012/10/26
「ちょっと特別な時間 Vol.1」(甲府市総合市民会館芸術ホール)
企画、運営、出演。東京JAZZ出演ジャズピアニスト桑原あい氏と共演。
2012/11/30
山梨県立甲府城西高校芸術鑑賞会「愛の妙薬」製作。ドゥルカマーラ役で出演。
2013/02/13
「ちょっと特別な時間 Vol.2」(甲府市総合市民会館芸術ホール)
2013/09/01
山野靖博バスリサイタル イタリア古典声楽曲の夕べ(山梨県立図書館)を開催。
2014/03/22-23
初演「MABOROSI~オペラ源氏物語~」大僧正役として出演。
2014/11/06-07
東北支援コンサートとして大船渡と陸前高田で計4会場をまわるコンサートツアーに参加。共演は三縄みどり氏、持木弘氏、森山京子氏他。
2015/05/16
山野靖博バスリサイタル Vol.2(カワイ楽器甲府ショップ)を開催。
2015/09/24-10/04
Arcadia vol.6 -Resonance of triads- 「J」(演出:中原和樹)で
自身初となるストレートプレイに出演。
2016/01/20
日本シャンソン協会主催「次世代シャンソン歌手発掘コンテスト」優秀新人賞受賞。
2016/07/01-31
東宝ミュージカル「ジャージーボーイズ」(シアタークリエ)に出演。
その他、年間70本以上のコンサートに出演。