2018.03.03 イベント情報

3月11日津波ヴァイオリンコンサート開催<100万人クラシックライブ>

3月11日(日)は東日本大震災から7年が経ちます。
当館河口湖オルゴールの森では、東日本大震災を決して風化させないこと。
そして”TSUNAMI VIOLIN”の音色の響く場所に人々が集うことで、地域、家族の
『絆』がより深まること。
今回はこのヴァイオリンを使用し、100万人クラシックライブとのコラボコンサート
が実現しました。
復興の願いを込めて演奏致します。

今回はヴァイオリニストの『大倉 礼加』さんと
ピアニストの『山路 昌平』さんによるコンサートをお楽しみください。

※津波ヴァイオリンとは…東日本大震災で発生した津波の流木からつくられたヴァイオリン
震災後、被災地の至るところに積み上げられた大量の流木使用しヴァイオリンドクター中澤宗幸氏によって一挺のヴァイオリンが製作されました。
魂柱には陸前高田「奇跡の一本松」の木片が用いられ、裏面にその姿が描かれています。

 

~演奏予定曲目~

チャイコフスキー メロディー
クライスラー 踊る人形
ショパン 革命のエチュード

中田 章  早春譜
岡野貞一 ふるさと

ヴィエニヤフスキー
華麗なるポロネーズ第2番

※急遽曲目を変更させていただく場合もございます。

10:20~ヒストリーホール

12:10~オルガンホール

Archive