【黄金のサイを触って運気上昇】奇才・天才・愛妻 サルバドール・ダリ「レースをまとった犀(サイ)」好評展示中

金色のサイを触って運気上昇

河口湖音楽と森の美術館23周年記念と致しまして世界的に有名な芸術家、あのサルバドール・ダリが製作したブロンズ像「レースをまとった犀(サイ)」(1956年作)が、このたび河口湖音楽と森の美術館に展示されることになりました。大迫力のアートをぜひ、真近でご覧ください !

9月27日(火)サルバドール・ダリの『レースをまとったサイ』が空を飛んで到着致しました!ただいま、好評展示中です。

サイの運搬の様子はYouTubeからご覧いただけます⇒レースをまとったサイ運搬動画

サイの鼻を触ると願いが叶う

ダリは愛妻家としても有名で、妻であるガラ以外は敵であると言うほどでした。こちらの作品はダリの愛妻家としての魂が宿っているとも言われ、夫婦やカップルで触ると生涯家内安全に過ごせると言われております。ぜひ触ってご覧ください。
家内安全・夫婦円満…家族、夫婦でサイの鼻を触れると家内安全・夫婦円満になれる
恋愛成就…恋愛成就したい相手を想いサイの鼻を触ると願いが叶います
金運アップ…サイの写真を待ち受けにすると金運アップ

記念写真

ただいま、日づけ入りのパネルをごサイの前にご用意しております。ぜひサイと一緒にパネルをもって記念写真を撮ってくださいね。

アンティークレースの販売

ただいま「レースをまとったサイ」にちなんで、レースの魅力を様々な形で表現しているヴィニティーク オーナーのレース作品をミュージアムショップ2Fにて展示販売中です。ヨーロッパにおいてレースは、生まれた時の洗礼式にはじまり、結婚式など、人生の節目で身に纏う大切なものです。ダリはサイにレースを纏わせて、何をイメージしたのでしょう? オーナーさんはダリの作品に触れて、空想の翼を広げ、新しい作品も製作しました。この機会に作品をお楽しみいただければ幸いです。

サルバドール・ダリ(Salvador Dalí)1905年-1989年

サルバドール・ダリは20世紀に巻き起こったシュルレアリスムを代表する作家です。作品のみならず見た目や発言でも注目を集めていた奇才です。誇大妄想的で強い自己愛を持っていたダリですが、それを作品へのインスピレーションへ転換し、数々の素晴らしい作品を世に送り出しました。ダリといえば溶けて柔らかくなった時計が描かれた《記憶の固執》が有名ですが、彫刻、版画、舞台装置や衣装デザイン、映画制作と幅広い分野で活躍致しました。今回の『レースをまとった犀』は世界に8体あると言われているうちの2番目に制作されたものです。また、有名なチュッパチャプスのロゴはダリがデザインしたものです。フロリダやバロセロナには『ダリ美術館』があります。日本ではアジア唯一のダリ美術館で知られる「諸橋美術館」があります。